植物セラミドの特徴とヒト型セラミドとの比較

未分類
03 /18 2017
 こんにちはケイと申します


今回は植物セラミドについてのお話です


アトピーのかたに圧倒的に不足していると

言われている「セラミド」の一種ですが

化粧品などにも配合されるものなので

しっかりと知識をつけておきましょう!



植物セラミドとは?


植物セラミドとは先ほどもいったとおり

「セラミドの」一種で、その名のとおり

植物から取れるセラミドのことを言います


主に米・トウモロコシ・大豆・こんにゃく芋などの

植物から摂取されこれらを食べることでも

微量ではありますがセラミドを作ることができます


化粧品などにも配合され

植物由来のことから体にも優しいという

特徴を持っています


デメリットは他のセラミドと比べると

人間の肌のセラミドの構造と異なるため

保湿力が落ちるということです



2016y10m20d_000413474.jpg 


これはヒト型セラミドと植物セラミドの

角質層の水分保持量を比較したグラフですが

圧倒的な差があるということが分かるかと思います


ちなみに植物セラミドの化粧品での成分表示は

「植物性セラミド」や「コヌカスフィンゴ糖物質」などで

ヒト型セラミドは「セラミド」の後ろに

セラミド1、2などの数字、もしくはAP、NPなどの英語が

記されているものなので間違うことはないかと思います



サプリの場合は保湿力も変わらない


最新の研究でセラミドは

どの種類であれサプリメントで摂取する場合は

保湿力はかわることがないということがわかりました



そのためこんにゃくセラミドなどの植物セラミドが

注目を受けるようになりました


またヒト型セラミドはとても高価で

化粧品で取るとなると大変ですが


植物セラミドはとても安価で

しかも、サプリメントの場合は

保湿力も変わらないということで

よく使用されるようになりました



私がおすすめするセラミドファインも

パイナップルから摂取される

植物セラミドで高い保湿力のほかに

さまざまな効果も期待できるので

アトピーの方は是非一度試してみたください!


セラミドファインの詳しい記事はコチラから



スポンサーサイト