アトピーの乾燥肌はセラミド不足が原因だった!?

セラミド アトピー 効果
02 /14 2017
こんにちはケイと申します



一概にセラミドがいいといっても

セラミドとはマイナーな成分です



名前だけは知っているけど

詳しいことは知らない

という方も多いかと思います



今回はそんなセラミドが

どのような成分なのか、といことと

どうしてアトピーに必要なのかを

解説していきたいと思います


セラミドとは?



セラミドとは簡単にいってしまえば

水分を肌に抑えておく成分のことです

(詳しくはまた別の記事で!)




この図をみていただければわかるとおり

セラミドとは肌を保湿する上で80%も役割を担っているのです


2016y01m16d_024252274.jpg 





アトピーにいたるまでの原因は人一人違いますが

全員に共通するのはみんな超乾燥肌

だということですよね?



実はアトピーのかたというのは

このセラミドが遺伝的に半分くらいしかなく

またそのなかでも3割の人は自分でセラミドを作ることができません



その結果、乾燥肌になり皮膚バリアというものが壊れ

そこからアレルゲン(アレルギーの元)が進入しアトピーになってしまいます





アトピーに保湿が無駄なわけとは?



あなたはお風呂からでて

急いで保湿剤を塗ったはいいものの

時がたてばすぐ元通りのがさがさ肌

なんて経験はありませんか?



保湿で有名な成分に

コラーゲンやヒアルロン酸がありますが

それらを塗るよりもまずセラミドを摂取しなければいけません



なぜならばセラミドが不足した肌に

保湿剤を塗っても

水分をせきとめることができないので

すぐ蒸発してしまうからです



それとこのグラフをみていただければわかるとおり

コラーゲンやヒアルロン酸は加齢とともに減っていきますが

アトピーの人でも若ければそこまで摂取する必要もないです

2016y01m16d_023126381.jpg 



それに対してセラミドは

0歳の赤ちゃんをピークにどんどん減っていき

30台には半分になってしまいます

2016y01m16d_023742382.jpg 


さらにいえば

アトピーのかたは最初から

30代の人と同じくらいのセラミドしかないので

なんらかの方法でセラミドを摂取することは必須といえます




アトピーの原因はセラミドで対処できる?



アトピーの原因は様々ありますが

二つに分けるとしたら

1.遺伝によるセラミド不足
2、遺伝以外の原因のセラミド不足

に分けられます


1の遺伝によるセラミド不足の人は

アトピーの中で約3割いると言われていて

子供の頃からずっとアトピーだという人に多いです


このタイプ(私もそうだったのですが)は

セラミドを摂取することで

ほとんどよくなってしまうと思います



2のそれ以外の人は

大人になってからアトピーになった人に多く

腸内環境血行不順生活環境など

さまざまな原因が考えられます


このタイプの方たちは

セラミドを摂取しても意味はないということはなく

真の原因を対処しなければアトピーは完治しませんが

セラミドを取ることでだいぶ軽減できることでしょう





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント