アトピーに必要なセラミドは食べ物からでも摂取できる?

セラミド アトピー 効果
02 /15 2017
こんにちはケイと申します



セラミドがアトピーに必要なことは

前回の記事で



理解していただけたかと思いますが

サプリメントではなく食べ物から取りたい

と思う方もいるかと思います



私も幼い頃からアトピーだったので

食事にはかなり気をつかっていきてきました


なのでやっぱりサプリメントよりは

食べ物としてとりたいとおもっていたので

詳しいことをしらべてみました

セラミドが摂取できる食べ物とは?



結論から言えば

セラミドを含む食べ物はありました


米、小麦、肉、魚、野菜などに含まれ

意外と日常的に摂取できていたりもします


特にこんにゃく芋のセラミド含有量が多く

米や小麦の7~16倍ほどとも言われています



では、どれくらい食べればいいかというと

一日にセラミドは0.6mgとされていて

米ならお茶碗25杯分、玄米なら10杯

食べなければいけません


しかし、先ほど言ったこんにゃく芋なら

約半分で一日の摂取量を取れます



これだ!と、思い

私もこんにゃく芋ばかり食べていた時期がありましたが

あることを知らなくて結論から言うと効果はありませんでした



セラミドは食べ物からだとほとんど吸収されない?



こんにゃく芋を毎日食べるようになって一ヶ月

しかし、肌の様子もあまり変化がないと思い

さらに詳しく調べてみたところ

どうやらセラミドは食べ物からだとほとんど吸収されない

ということがわかりました


2015y05m06d_170859665.jpg 

http://www.genuinerd.co.jp/rd/food/sphingomyelin/より引用


2015y05m06d_171554606.jpg 
http://hobab.fc2web.com/sub4-Glycolipid.htmより引用



このようにセラミドとはかなり複雑な消化や分解を経て

肌の成分へとなっていきます


一日0.6mgとればいいとはいいましたが

食べ物だと100%吸収されるわけではないので

結局、大量に食べなくてはならないんですよね



それに対してサプリメントは

余計な分解をしづらく

100%に近く吸収されるようにできているので

簡単にセラミドを摂取できるとのことでした


まとめ


今回はセラミドが食べ物で取れるのか

ということを解説させていただきましたが

やっぱり食べ物ではなくサプリメントでとるのがよさそうですね!


他にも化粧品で直接塗るという方法があるのですが

それもある問題があります

そのこといついてはまた次回詳しく説明したいと思います!







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ケイ

ケイと申します

23年間アトピーでした

酷いときはいっそのこと
死んでしまおうかと思うほどでしたが
あることをきっかけに
ステロイドをやめ
自力でアトピーを治すことを決心しました

様々な民間療法を試し
完治寸前までいきましたが
どうしても乾燥肌の醜い顔が治らず
苦しみましたが
セラミドのおかげで
潤いたっぷりの肌になりました

当ブログではそんな私の救世主である
セラミドについて詳しく語っていきたいと思います