スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セラミドとヒアルロン酸の違いは?アトピーにはどっちが大事?

未分類
04 /21 2017


セラミドはヒアルロン酸のように

メジャーな成分ではありませんが

ヒアルロン酸と同じように保湿成分です


私はこのブログでアトピーのかたには

セラミドが大事といっていますが

ヒアルロン酸についてはあまり触れませんでした


ということで今回は

セラミドとヒアルロン酸で何が違うのかや

保湿成分としての比較をしていきたいと思います


セラミドとヒアルロン酸の違いは?


まず、ヒアルロン酸ですが

この成分は肌の真皮の水分で

肌の潤いやシワやたるみを予防します


アトピーの人は乾燥肌で

潤いがなくシワやたるみもできやすいので

もちろんヒアルロン酸も足りていないので

必須な成分といえます



次にセラミドですが

セラミドは肌の一番表面の角質層にある

細胞間脂質の50%を占める成分で

肌の水分を逃がさないようにする働きをします



セラミドとヒアルロン酸の関係ですが

簡単に言ってしまえばセラミドはヒアルロン酸をなどの

保湿成分を保持する役割をしているのです


6e189fafcf92a4a4f069c6f47fd59a9b.jpg 


そのためヒアルロン酸の保湿剤を塗っても

セラミドがないとすぐに蒸発してしまい

ほとんど無意味だったりします



私がアトピーにはセラミドが大事と

なんども唱えているのはこういうわけで

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分を増やすためには

まず、セラミドを摂取しなければいけないのです



なので結論をいうと、ヒアルロン酸はもちろん

アトピーにとって大切な成分ですが

それ以上にセラミドは重要にな成分といえます!


アトピーで乾燥肌に悩んでいる方で

いままでなんの保湿剤を塗っても効果がなかったかたは

是非、セラミドのサプリか保湿剤を塗ってみることをおすすめします!




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ケイ

ケイと申します

23年間アトピーでした

酷いときはいっそのこと
死んでしまおうかと思うほどでしたが
あることをきっかけに
ステロイドをやめ
自力でアトピーを治すことを決心しました

様々な民間療法を試し
完治寸前までいきましたが
どうしても乾燥肌の醜い顔が治らず
苦しみましたが
セラミドのおかげで
潤いたっぷりの肌になりました

当ブログではそんな私の救世主である
セラミドについて詳しく語っていきたいと思います

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。