アトピーの原因はフィラグリンだった不足だった!?セラミドとの関係は?

セラミド アトピー 効果
02 /19 2017
こんにちはケイです!



アトピーの人はフィラグリン不足で

セラミドを取ればいいとのことでしたが


ではさっそく前回の続きから


解説していきたいと思います


フィラグリンとは


その前にもうすこし

フィラグリンについて説明させていただきます


フィラグリンとは角質層にある

天然保湿因子の元になるもので

京都大学の2013年の研究で

アトピーの人に不足してることがわかりました


アトピーのマウスにフィラグリンを与えてみたら

アトピーが治ってしまったらしいです

2015y04m26d_121032613.jpg 

このように



そして角質層とは皮脂、天然保湿因子、細胞間脂質

の3つがバランスよく成り立つことで保湿されますが

中にはこのフィラグリン(天然保湿因子)が

遺伝的に自分で作れない人が多く

そのような人はアトピーになりやすいようです


2014y11m30d_115505894.jpg

 遺伝的にフィラグリンを作れない人も

そのほかが原因でフィラグリンが不足している人も

フィラグリンを摂取すればかなり効果があると思われますが

最新の研究なのでサプリメントの開発がまだ行われていません



フィラグリン不足は手相でわかる?



実は自分がフィラグリン不足か

手軽にわかる方法があります


それが手相です

この画像をみていただくと

わかりずらいですが

丸で囲った親指の付け根の部分に

縦の線がたくさんはいっているのが確信できるでしょうか?

KIMG0338.jpg 


これがフィラグリンが不足している人のです


ご自身の手相を確認してみて欲しいのですが

おそらくアトピーの方には全員ある線です

2015y06m03d_080811463.jpg 


一番左が正常な人の手相で

右の三つがフィラグリン不足の人の手相です



フィラグリンを増やす方法は?



自分がフィラグリン不足どうかわかったところで

どうすればフィラグリンを増やすことができるか

考えていきましょう



フィラグリンを肌に増やす方法は

2つあって肌に直接塗るか、経口摂取するかです


化粧品の場合、ローズマリー油、オリーブ油、ビタミンB6

などの成分でとることができます


しかし、圧倒的に効果があるのは

サプリメントのほうなんですよね


理由は簡単に言えば

化粧品だとフィラグリンが分解される基本層まで

浸透してくれないからです



ただ問題は先ほどもいいましたが

フィラグリンのサプリが開発されていないことでしたよね


そこで代用品としてセラミドがでてきます



セラミドとフィラグリンの関係は?



角質層は天然保湿因子(水分)と細胞間脂質(セメント)

でできているということをお話させていただきました


そしてフィラグリンが天然保湿因子の水分のほうだとしたら

セラミドは細胞間脂質のセメントのほうだったりします


実は水分よりセメントのほうが大事だったりします


乾燥肌って保湿剤をぬってもすぐ元通りになりますが

あれは水分をせき止めておくセメントが足りないからです


つまり、いくら水分をセメントのほうがないと

保湿できないということなんですよね


この図を見ていただければわかるとおり

セラミドは保湿力の8割を担っています


2016y01m16d_024252274.jpg 



なので結論としてはフィラグリン不足で

アトピーになっているのは事実ですが

まだサプリメントが開発されていないので

セラミドのサプリを取ろうということでした


アトピーでなくても乾燥肌のかたなら

セラミドのサプリメントをとれば

ほぼ確実に効果はあると思うので

是非一度試してみてください



オススメのセラミドサプリメントです

↓  ↓  ↓   ↓













スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ケイ

ケイと申します

23年間アトピーでした

酷いときはいっそのこと
死んでしまおうかと思うほどでしたが
あることをきっかけに
ステロイドをやめ
自力でアトピーを治すことを決心しました

様々な民間療法を試し
完治寸前までいきましたが
どうしても乾燥肌の醜い顔が治らず
苦しみましたが
セラミドのおかげで
潤いたっぷりの肌になりました

当ブログではそんな私の救世主である
セラミドについて詳しく語っていきたいと思います